マンガ『雪花の虎 1-4』東村アキコ 著 小学館

上杉謙信女性説を採用して描かれた作品。

歴史的事実を述べるシーンでは上下2段コマという斬新な手法で下段に作者のとても緩い考えを手描きの台詞と共に描いている。

賛否はあると思うが自分的にはこの取り組み悪くない気がした。若い子は読みやすいと思う。

東村はギャクだけじゃないんだなというのを見せてくれた。

あと、女性作者という事で登場人物の服装にだいぶ気を使っているのが読み取れた。

雪花の虎 1 (ビッグコミックス) (ビッグコミックススペシャル)[amazonjs asin="4091894445" locale="JP" title="雪花の虎 4 (ビッグコミックススペシャル)"]

【2017年12月02日追記】

[amazonjs asin="B076V1KK44" locale="JP" title="雪花の虎(5) (ビッグコミックス)"]

【2018年09月29日追記】

[amazonjs asin="4098601036" locale="JP" title="雪花の虎 (6) (ビッグコミックススペシャル)"]

【2019年03月31日追記】

[amazonjs asin="4098602768" locale="JP" title="雪花の虎 (7) (ビッグコミックススペシャル)"]

【2019年10月08日追記】

[amazonjs asin="4098604353" locale="JP" title="雪花の虎 (8) (ビッグコミックススペシャル)"]