マンガ『王様達のヴァイキング 1-12』さだやす 画 深見真 作 小学館

超凄腕のクラッカーを一流のハッカーとして投資家が内面を変えていく話。

現実のコンピューター犯罪をふんだんに利用して話が進むので、ぶっ飛んではいるがリアルさがあって面白かった。

こういうエンジェル投資家に拾われてみたいもんだ。

王様達のヴァイキング(1) (ビッグコミックス)[amazonjs asin="B06X9Q6FB2" locale="JP" title="王様達のヴァイキング(12) (ビッグコミックス)"]

【2017年8月11日追記】

[amazonjs asin="B0748BRWXL" locale="JP" title="王様達のヴァイキング(13) (ビッグコミックス)"]

【2017年12月16日追記】

[amazonjs asin="B077SKNMYP" locale="JP" title="王様達のヴァイキング(14) (ビッグコミックス)"]

【2018年10月01日追記】

[amazonjs asin="B07BFST5BF" locale="JP" title="王様達のヴァイキング(15) (ビッグコミックス)"][amazonjs asin="409860048X" locale="JP" title="王様達のヴァイキング 16 (16) (ビッグコミックス)"]

【2019年02月26日追記】

[amazonjs asin="4098602083" locale="JP" title="王様達のヴァイキング (17) (ビッグコミックス)"]

コインチェック事件をデフォルメして描いている。

【2019年09月09日追記】

[amazonjs asin="B07T238GQL" locale="JP" title="王様達のヴァイキング(18) (ビッグコミックス)"]

【2019年11月24日追記】

[amazonjs asin="4098604051" locale="JP" title="王様達のヴァイキング (19) (ビッグコミックス)"]完結。総理関係の話になってから面白くなくなったな。