本『死ぬほど読書 (幻冬舎新書)』丹羽宇一郎 著 幻冬舎

audiobook.jp で読了。

読書がどれだけ仕事の役に立つかというのを主張している本。

自分が伊藤忠でこんな成果を上げたのは読書で得られた知識があったからだというのを繰り返し述べている。

著者の自慢本に近い。

この本は自分に取って雑草だったという事だな。

死ぬほど読書 (幻冬舎新書)