マンガ『美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (コミックエッセイ)』オノユウリ 著 KADOKAWA

学芸員がどんな仕事なのか全くわからなかったけど、だいぶ概要が掴めた。

ただ、この著者は現代美術の学芸員なので作品の制作者が存命で一緒に作品を展示する仕事の比重が高いのかなと思った。

自分で提案する企画展がかなり重要っぽく、もっと研究がメインだと思っていたのでギャップが結構あった。

ちなみに東京都現代美術館には一回行ったことがあったので、著者がどんな所で働いてるかの雰囲気は分かりやすかった。

美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (コミックエッセイ)

 Kindle Unlimited