本『仮想通貨とフィンテック:世界を変える技術としくみ』苫米地 英人 著 サイゾー

肩書が多すぎてかなり胡散臭い苫米地氏。

本書でもお得意の自慢が散見される。

仮想通貨の技術は自分が1990年台に既に実現していたモノであると。

苫米地アルゴリズム、ベチユニットという風に自分の名前を付けている所からも自己顕示欲の高さが伺える。

まぁ、通貨とは何かや仮想通貨の仕組みといった所の解説はわかりやすい。

仮想通貨とフィンテック:世界を変える技術としくみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です