本『東芝解体 電機メーカーが消える日 (講談社現代新書)』大西康之 著 講談社

AmazonAudibleで読了。

世界で栄光を誇っていた日本を代表する大手電機メーカー達がなぜ衰退していったのかを解説。

古い体質を変えずに特定の分野に固執、色んな方面に手を出し過ぎ、社内政治の内紛で大体説明が付いていた。

また、各電機メーカーの歴史とトップの変遷も詳細に述べられており、特に松下電器が一時期MCA(パラマウント)を買収していたとは知らなかった。

東芝解体 電機メーカーが消える日 (講談社現代新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です