本『石油の支配者 (文春新書)』浜田 和幸 著 文藝春秋

AmazonAudibleで読了。

石油については小学生の社会科でやった位の知識しか無かったので色々と新発見があった。

石油は化石燃料では無く、ほとんど無限のマグマから成る資源という説は信憑性はわからないが有り得なくは無いなと感じる。

有限という事にすれば価格を高く出来るからそういう説を流したというのも納得しやすい。

また、価格予想に関して1バレル200ドルを超える予想もあったとの事だが、つい最近は40ドルまで暴落したことを考えると予想は当てにならないのがわかる。

これは昨今のビットコイン価格についても同じことが言える。

1ビットコイン200万、500万になる予想は…

石油の支配者 (文春新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です