本『パソコン創世記』富田 倫生著 青空文庫

本『パソコン創世記』富田 倫生著 青空文庫

普段そこにあるのが当たり前のように使っているパソコン。
この本は、パソコンの黎明期の代表的な企業を取り上げ、
その時代の雰囲気を掴める本であった。
ビルゲイツは知っているが、アスキー創業者の西和彦については
よく知らなかったのでへぇーと思う事が結構あった。
前半は、日本電気の奮闘が細やかに描かれ、
後半は浮川和宣のジャストシステムも出てくる。
パソコンの歴史を全く知らない人には新たな知識を与え、
多少知っている人には製品名が出てくるたびにこの製品の開発の裏側はこうなっていたのか、と楽しめるドキュメンタリー作品となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です