本『腹を割って話した』藤村忠寿、嬉野雅道 著 イースト・プレス

ベトナム縦断から見始めて大いにハマってしまった番組「水曜どうでしょう」。

DVDもほとんど買って集めたほど。

そのどうでしょうの制作陣兼出演者のプロデューサー二人による対談本。

どのような考えで仕事をしているかというのがよくわかる。

仕事の中に温泉(比喩)を見つけてその中に入ることを目的とした番組作りをしているというのが印象的。

二人とも小言は言うが、根本的な所は話が合う同士なのでここまで長寿番組になったんだろうな。

腹を割って話した


Kindle Unlimited

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です