本『韓国 反日感情の正体』黒田 勝弘 著 角川学芸出版

AmazonAudibleで読了。

単なる嫌韓、いわゆるヘイト本ではなく、政治的背景や文化的な面から見た韓国の反日とは何かを説明している。

韓国のメディアが常に主観で論じることを求められているというのは、今までの事例を考えるとだいぶ納得できた。

韓国 反日感情の正体 (角川oneテーマ21)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です