本『捕手論』織田 淳太郎 著 光文社

野球というスポーツの中で一番タフなポジション「捕手」。

その捕手の役割、過去の優秀な選手を紹介している。

サインの出し方、投手との相性、配球の決め方等々勉強になった。

特に、捕手としてGG佐藤がGG佐藤になる前、佐藤隆彦としてアメリカマイナーリーグでプレイしていたのは初耳だった。

あと、当時3Aでは根鈴雄次氏もプレイしていたとは。日本メディアではほぼメジャーしか取り上げられないのでそういう選手他にもいるんだろうな。

最近、清原覚醒剤事件で話題になった野村貴仁が巨人では野村空也という名前を使っていたというのも知らなかった。

捕手論 (光文社新書)


Kindle Unlimited

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です