本『教師格差 ──ダメ教師はなぜ増えるのか』尾木 直樹 著 KADOKAWA / 角川書店

AmazonAudibleで読了。

ブログを書くにあたって著者名を見たら驚いた。

あの尾木ママが書いた本だったのか。

文体は喋るときと違ってまともだったからわからなかった。

現代の教師が抱える問題点として、事務等の教えること以外の仕事量増大、先生同士の相互評価による窮屈さ、モンスターペアレントによる精神崩壊等が挙げられていた。

昔と比べて教師の威厳や尊敬心の無さを強く危惧している事が伺えた。

教師格差―ダメ教師はなぜ増えるのか (角川oneテーマ21)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です