本『日本の10大新宗教』島田 裕巳著 幻冬舎新書

本『日本の10大新宗教』島田 裕巳著 幻冬舎新書

新宗教についてよくわからない一般人向けに書かれた、
まさに新書向けの内容。
日本の新宗教について10の宗教(派生や分派含む)
についてわかりやすく解説してくれている。
よく聞く名前の宗教や全く聞いたことのない宗教も
あったが、誕生の経緯やその教団の発展過程を
一つ一つステップを踏んで書かれているので
なるほどーと今まで疑問だった事が解決した部分もあった。
ちなみに「大本」という教団は、私が受験勉強していた時に
受講した出口汪先生の曽祖父が作っていたので特に興味を持った。
新宗教=カルト と認識しがちだが、学者はこう見ている
というのが伝わってくる良書。
あとがきに惜しくも選考から外れたと書いてあったが
今回の10に入っていなかった統一教会についても読みたかった。

日本の10大新宗教 (幻冬舎新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です