本『アゴを引けば身体が変わる~腰痛・肩こり・頭痛が消える大人の体育~』 伊藤 和磨 著 光文社

元プロサッカー選手による実体験に基づいた体の不調の治し方講座。

大学教授や学者でも無いのにここまで理論的に説明されているのは素直にすごいと感じた。

相当勉強した事が伺える。そして、痛みを持つ側に立ってどうすれば良いのかが語られている。

これから常に顎を引くというのを自分でも意識していこうと思う。

ときどき上体を起こして腰を反らす習慣(理想は20分に1分のペース)を身につければ、虚血性疼痛をはじめ、靭帯の引き延ばしや椎間板ヘルニアなど、腰痛を発症させる要因を減らすことができるのである。  すでに猫背の癖があって、腰の筋肉が固まっている人は、腰を反らしたときに痛みを感じる場合がある。しかし、継続していれば徐々に痛みが和らぐ
この生命維持装置のうち、意識によって明確に変化させられるのは呼吸だけである。だからこそ、呼吸法には、健康法として特別な意味と価値があるのだ
ドイツの靴政策について
靴の代金については、国民は1万円強を支払えばよく、差額は国の健康保険から支払われるそうだ。なんとも素晴らしいシステムだ。
この文化が日本にも輸入されてたら良かった。

アゴを引けば身体が変わる~腰痛・肩こり・頭痛が消える大人の体育~ (光文社新書)
Kindle Unlimited

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です