本『情報革命バブルの崩壊』山本 一郎 著 文藝春秋

AmazonAudibleで読了。

約10年前に書かれた本なので今読むと話題が当然だが古い。

情報ジャンルはたった1ヶ月過ぎただけで遠い過去に思うこともあるしね。

著者の考えがいつものように展開されている。

ホリエモンは犠牲になったんだー。

ソフトバンクは常にお金に追われていてヤバイぞー。

ネットはバブルだからこれから崩壊するんだー。

みたいな感じで書かれていると読んだが、今彼が読み返したらどう思うんだろうね。

情報革命バブルの崩壊 (文春新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です