本『ひとりぼっちを笑うな』蛭子 能収 著 KADOKAWA/角川書店

AmazonAudibleで読了。

蛭子の論語」を先に読んだけど、あの本と同じ内容がそこそこあったので結構被ってたんだな。

野村監督式多作術か(笑)?

蛭子さんの行動規範、考え方が分かる本。

決して教訓的な物ではなく、万人が使えるものでは無いが、そういう考え方もあるんだよという事を示してくれている。

ひとりぼっちを笑うな (角川oneテーマ21)



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です