本『キズナのマーケティング ソーシャルメディアが切り拓くマーケティング新時代』池田 紀行著 アスキー新書

本『キズナのマーケティング ソーシャルメディアが切り拓くマーケティング新時代』池田 紀行著 アスキー新書

”ソーシャルメディアマーケティングは、魔法の杖ではない。”

これが、この本の著者が一貫して主張している事である。

ソーシャルメディアマーケティングは、広告を代替するものになる…否
低コストで顧客とコミュニケーションがとれるようになる…否
短期的な売上をつくる「売り場」…否
消費者と中長期的なコミュニケーションをする中でキズナを醸成する「糸電話」…可

広告主の考えと実際のソーシャルメディアマーケティング現場とでは、
考えに大きなかい離があるそうだ。
確かに自分もそう思う。
ただのサイトの更新情報を垂れ流すだけで「中の人」が見えないツイッターのアカウントやフェイスブックのファンページに、業績を上げるような効果があるとは全く思えない。
企業としてソーシャルメディアをやるからには、しっかりとしたルールやガイドブックを作って、関わる人の意識をなるべく一つにしなければならない。完全にギチギチにしてしまうと面白みが無くなり、逆効果だがその塩梅を見極めるのがマーケティングである。
この本を読んでそう思った。

キズナのマーケティング ソーシャルメディアが切り拓くマーケティング新時代 (アスキー新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です