本『日本をゆっくり走ってみたよ(1)(2) (アクションコミックス) 』吉本浩二 著 双葉社

本『日本をゆっくり走ってみたよ(1)(2) (アクションコミックス) 』吉本浩二 著 双葉社

この人の作品は今まで読んだこと無かった。
自分の内面で思ったことをそのまま漫画に描いている感じなので、純粋な自伝的ドキュメンタリー旅行漫画になっている。
著者の吉本浩二さんは巻末の対談でもEさんから言われているように、「言わなくてもいいことを言っちゃう人」である。ネガティブ思考がそのまま走ってると言ったら失礼かもしれないが、ホントにそんな感じである。特に風俗の事を考えてる場面や実際に行ってるシーンが多すぎのように感じたが、そこも彼の持ち味なんだろうな。
日本一周や世界一周した人にありがちな、俺はすごかったんだぜ的な勘違い男には彼がなるはずもなくラストはある意味安心した。

美談や作った苦労話では無いリアルな日本一周旅行記と言って良いだろう。バイクがメインでは無いので、バイクについて期待して買う人には向いていないが。

あと、気になったのが「日本をゆっくり走ってみたよ」というタイトル。
自分は4ヶ月で日本一周って結構早いように感じたのだが、そうでもないのだろうか。
一般的に 4ヶ月日本一周≒ゆっくり とされてるのか、そこが気になった。

日本をゆっくり走ってみたよ(1) (アクションコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です