本『プロ野球 強すぎるチーム 弱すぎるチーム』小野俊哉 著 PHP研究所

戦前の日本野球で強かったチームや黄金時代を築いたチームのどこが強かったかを残されたデータを使って示している。

そのデータを見てなるほどと感心することが何度もあった。

また、私が応援している横浜DeNAベイスターズの前身の横浜ベイスターズについても弱すぎるチームの一つとして取り上げられていて、

その原因が投手力は勿論だが1,2番の出塁率にあるというのは本当に納得できた。

DeNA中畑晩年からラミレス政権になってやっと1番桑原で固定出来るようになってきたが、2番はまだ完全に決まっていない。

それ以前は石井波留以降、全く出塁率の良い打者を使えておらずクリーンアップの打力は最強なのに万年最下位の理由の一つとして非常に腑に落ちた。

今年は1,2番の出塁率にも注目してシーズンを追っていきたいと思う。

プロ野球 強すぎるチーム 弱すぎるチーム (PHP新書)


Kindle Unlimited

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です