本『僕の小規模な経済学』福満 しげゆき 著 朝日新聞出版

漫画の台詞部分だけを抜き出して読んでいる感じ。

著者自身によって学歴コンプレックスが自虐的に書かれているので、読む方も何かあんまり共感できない感じになっていた。

やはり、あの毒感覚のある台詞は漫画があって中和されているんだろう。

文章のみだと毒々しくて、嫌悪感を覚えてしまう。

僕の小規模な経済学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です