本『ヒキコモリ漂流記』山田ルイ53世 マガジンハウス

髭男爵の髭男爵の方が書いた自叙伝。

彼が元引きこもりだったというのは知らなかった。

でも、ただの引きこもりではなく元々相手より上に立ちたいという意識が強いので人前に出る仕事が出来たんだと思う。

普通の引きこもりが人前でお笑いなんてやる気にもならないハズ。

印象に残った文章を下記に引用する。

  • 高校受験に失敗し、留年して六甲学院に籍を置かせてもらい、中学三年生を二回やった後、といっても学校には行かなかったのだが、結局学校をやめた。  晴れて、中卒になったわけだ
これ、中学卒業できた事になるのだろうか?しかも規則の厳しそうな私立だけどどうなんだろう。

大検とってなかったら、小卒だった可能性もありそう。
  • そもそも、今まで行ったこともないインドになぜ自分を探しに行くのかがよく分からない。いつそこに「自分」を落としたのか
これは確かにわかる(笑)。

ヒキコモリ漂流記
Kindle Unlimited

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です