本『仏教の仏とキリスト教の神』久保有政 著 レムナント出版

キリスト教寄りの著者がキリスト教と仏教を比較してみたという本。

仏教とキリスト教、全く違うように見えるけど対比してみると、色んな所に共通点があるというのは興味深かった。

著者の説明は宗教という小難しい事象を、少しでも分かりやすくしようと務めているのが伝わってくるものだった。

アマゾンのレビューは星一つしかないけど(笑)

仏教の仏とキリスト教の神

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です