本『9回裏無死1塁でバントはするな』鳥越 規央 著 祥伝社

アメリカで提唱されたセイバーメトリクスの内容を大まかに紹介。

これを読むとラミレス監督の采配はほとんど沿ったものになっていると感じた。

ラミレス野球はとにかくバントしない、盗塁しない、エンドランしない等々よく言われているが、確率で見るとバントで勝利確率が下がる場面も多くあるのであながち間違いでは無いのである。

それは監督4年間中3年でAクラスになっている結果からも分かる。

9回裏無死1塁でバントはするな(祥伝社新書234)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です