本『株・投資信託、いま損を抱えている人の投資の処方箋』クロスメディア・パブリッシング

今特に損を抱えている訳ではないけど読んでみた。書かれた時期はリーマン・ショック直後近辺みたいなので少し古め。

初歩的な内容だけど引用が多かったので、気になるセリフはあった。

一番印象に残ったのはチャーリー・マンガーのこの一文。

大量の書物を読まずして、広い分野にまたがる、真に優れた投資家にはなれない。優れた投資家というのは読書家である。これには例外は一つもない
これを出来る人が相場で生き残れるという事だ。

別にこの本を読んで損を抱えている人が取り返せるようなものでは無いような気がしたので、本タイトルは完全に釣り気味。

株・投資信託、いま損を抱えている人の投資の処方箋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です