本『心の伸びしろ』石井 琢朗 著 ベストセラーズ

20年間横浜ベイスターズで活躍していた石井琢朗選手。

私がファンになるきっかけとなった1998年ベイスターズ優勝時のスタメンメンバー。

そんな彼が横浜のフロントと起用法で衝突し、自由契約を経て広島カープに入団。

新天地で今までどれだけ自分の事しか考えていなかったのか気付いたという事を書いている。

かなりベイスターズに対して悪い印象を持っているが、指導者として戻ることも考えているという(現役生活引退時にオファーは無かったとの事)。

この本は2013年に出版されているので広島はまだまだBクラス常連だったが、コーチ就任後Aクラス常連になり3連覇も達成しているので指導力もあると見られる。

広島の次は家庭の事情で在京球団を渡り歩いているので(ヤクルト→巨人)、フロントも変わってるし将来的に横浜に戻ってくるんじゃないかな。

この本に関しては途中や後半ブログをそのまま載せているので手抜き感アリ。

心の伸びしろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です