本『最強の競馬論』森 秀行 著 講談社

独自の理論を用いて厩舎を経営している森秀行氏。

調教師はどんな仕事をしているのか、そのあまり知られていない内容について語ってくれている。

積極的に外国に遠征したり、故障させないように馬の力を全力出させるという事に重点を置いているとの事。

確かに調べてみると他の厩舎に比べて故障する馬が少ない。

また、今まで一般的だった担当馬制を無くして賞金折半制を取っているというのは興味深い。

だが、著者自身も言っているように、良い仕事をしてもあまり仕事しなくても同じ報酬(賞金)しかもらえないというのは、その馬の担当者のモチベーションに関わってくると思う。

その影響なのかどうかはわからないが、森厩舎の成績を見てみるとこの本を書いた頃が全盛期で最近は半分程度の勝率になってしまっている。

これからまた復活する事はあるのだろうか…

最強の競馬論 (講談社現代新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です