本『騎手の一分――競馬界の真実』藤田 伸二著 講談社現代新書

現役のプロスポーツ選手がその裏側を書いた本って今まであったのだろうか?(勉強不足かも知れないが自分は思い付かなかった。)

騎手の生活、レースの心得、競馬界の変化、ルールの変更、それらに対する騎手個人の気持ちを赤裸々に語っている。

特に外国人の台頭やエージェント制度に対する考えは自分も納得できた。

この本で知ったが最近は武豊勝てなくなってたんだな。

子供の頃は武豊の名前ばっかり(というか彼と幸四郎くらいしか知らない)聞いていたんだけど。

エージェント制度になってから、大手クラブや馬主との関係が最も重要になったとの事で競馬もチーム対抗戦みたいになってるなと感じた。

騎手=野球選手

エージェント=代理人

調教師=コーチ

クラブ=チーム

馬主=スポンサー企業

JRAは潰れたくなかったらこの本を読んで、改善できる所はぜひして欲しいね。それだけの説得力はあった。

騎手の一分 競馬界の真実 (講談社現代新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です