本『不肖・宮嶋死んでもカメラを離しません(祥伝社黄金文庫)』宮嶋 茂樹著 祥伝社

本『不肖・宮嶋死んでもカメラを離しません』宮嶋 茂樹著 祥伝社

「電子書店パピレス」「電子貸本Renta!」のキャンペーンで読んだ本

著者のカメラマンとしての生き様がありありと書かれている。
独特の言い回しで書かれた文体。
破天荒な張り込み方法。
どのようにしてこの業界を生きてきたかを素直に書いてるなと感じた。
報道カメラマンとしてプロならこれくらいやるだろっていうのを地でやる男。
それが家庭も顧みない宮嶋さんなのかな。

読んでいて宮嶋さんは、右翼や保守系の考えかなーと思ってwikipedeで検索したらバリバリの事例が載ってた。
その辺も自分としては共感できた。

不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません (祥伝社黄金文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です