本『深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール』沢木 耕太郎著 新潮文庫

本『深夜特急(2)』沢木 耕太郎著 新潮文庫

2巻目の舞台は、バンコクから始まる。
そこからマレー半島を南下し、道中のタイの田舎町での出来事。
居心地が良く長滞在したペナン。
マレーシアの首都クアラルンプール。
マラッカを諦めシンガポールへと続く。

最後にシンガポール編で著者はこう言っている。

シンガポールは香港とは違う。私はそれに気づいたことで初めて、なぜシンガポールが自分にとってかくも退屈でつまらないのか原因がわかったように思えた。
私はこのシンガポールに香港のコピーを求めていたらしいのだ。 

そこまで沢木さんを虜にしたくらい香港は魅力的なのかな。

まだ行ったこと無いけど、そんなに言われると行ってみたくなる。

また、文庫の巻末には著者の沢木耕太郎さんと俳優の高倉健さんの
対談(1984年)が載っている。
こちらもとても興味深く読んだ。まさかこの二人につながりがあるとは。

深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です