本『怪しいアジアの怪しいニュース』クーロン黒沢、リン外川 、梅本善郎著 ワニ文庫

本『怪しいアジアの怪しいニュース』クーロン黒沢、リン外川 、梅本善郎著 ワニ文庫

タイ、ベトナム、カンボジアのいわゆる三面記事(B級ニュース)を翻訳して、
その生々しさ、下衆さ、グロさを伝えてくれるのが本書。 

日本じゃありえない展開が盛りだくさんで、読んだ人が
「さすが東南アジアだな」っていう感想を持つ事間違いない。

1つ気になったのは、270ページの「サバーイ」という言葉。
この項はカンボジアの記事についてなのだが、なぜだかタイ語で
「気持ち良い」を意味する「サバーイ」が突如出てくる。
自分はタイに住んでいるから意味がわかったが、一般の読者でどれくらいの
人が意味をわかって読めるのだろうかと気になった。

全体的に面白かったので他の “怪しいアジアシリーズ”もぜひ読んでみたくなった。 

怪しいアジアの怪しいニュース (ワニ文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です