本『アスペルガー症候群』岡田 尊司著 幻冬舎新書

本『アスペルガー症候群』岡田 尊司著 幻冬舎新書

ネットで「アスぺ、アスぺ」とよく見かけるが、アスぺすなわちアスペルガー症候群についてよく知らなかったのでこの本を読んでみた。

読んでみた感想は、この本はアスペルがー症候群の人が周囲にいる人向けに書かれてるなと感じた。
随所に、「周りの環境や理解によって症状が変わる」と力説する記述が目立つ。
それだけ、著者は周りの理解が大切という事を訴えたかった訳だ。
しかし、私はもっと具体的な症例や本人(この症状を持つ人)が読んで役立つものが読みたかったので少し不満が残った。
また、ページかせぎのために載せたのかと思うぐらいアスペルガー症候群だったと思われる過去の偉人・有名人のエピソードが出てくる所もマイナスポイント。

アスペルガー症候群 (幻冬舎新書 お 6-2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です