オリジナルビデオ『自白映像ファイル シーズン1,2』The Confession Tapes 制作:A24

Netflixで視聴。

警察による尋問で自白した人たちの映像。

このシリーズで取り上げているのは、状況的に冤罪と思われるもの。

有罪への証拠が自白映像しか無いのである。

その自白は長時間の取り調べで睡眠も取れず精神的に追い込まれ、刑事たちの望む形の答えを誘導されている。

今現在の取り調べから逃げたいという気持ちがそういう自白を作っているのがよくわかった。

ただ、その後どうなるか(有罪)までは考えられない精神状態。

でもカメラの映像があるだけまだましだと思う。

日本は義務化されたとはいえ、まだまだ取り調べの可視化が完璧じゃないからこういう事例もあるんだろうな。

f:id:netsekai:20210908214536j:plain

 

オリジナルビデオ『ザ・マスクド・シンガー』©2021 Amazon Content Services LLC

Amazon Primeで鑑賞。

レビューで言いたい事がほとんど言われていた。

観客と演者両方ともにコロナウイルス対策が全く見られないので、これは流石にコロナ禍前の収録かと思ったらアマビエが出てきてドン引き。

アマビエはコロナで認知されたキャラクターなので収録はそんなに前では無い事が証明されてしまった。

いったい、いつ収録したのかな?

コロナ禍の時代に、観客の密さ。

1番怖く思ったのは、誰一人としてマスク無しで、歓声あげてますけど。感染予防とかは全く無視したのかな?

また、アメリカの番組の輸入という事でアメリカ的ノリを意識し過ぎ。

海外版を意識してなのかシンガーがパフォーマンスしている最中のパネラーの顔、

ノリ方、観客のノリがわざとらしすぎる。こういう風に音楽にのってフォーって言ってね

って言われたかのようなとってつけたかのようなリアクション。興ざめ。

パネラーや観客がもっと自然だったら面白いのに残念。

あと、パネラーがあまり有名人じゃない人を答えてることがあるけど、そんな人が出てきたら番組として成立しない事を想像出来ていないのが興覚め。

特報

 

オリジナルビデオ『アマンダ・ノックス』Amanda Knox

Netflixで視聴。

ペルージャ英国人留学生殺害事件 - Wikipedia

全く知らなかった事件。

イタリアではかなり話題になったらしい。

イタリアのシェアハウスでイギリス人の女学生が殺され、容疑者としてアメリカ人とイタリア人のカップルが挙がった。更に、コートジボワール人も逮捕。

裁判になりカップルは2回有罪になり、2回覆って無罪になる。

何とも不思議で結局真犯人が分からず仕舞い。

コートジボワール人は別で裁判して、長期刑確定済みだが、一貫して無罪主張。

複数犯という説もあり、本当の所はどうだったんだろうと考えてしまう。

カップルの女性は性的奔放で薬物もやってたりしたので、悲劇のヒロインっぽくなっているが、自業自得感が強め。

そして、血が至る所に付いてて便器に大便が残っている所でシャワー浴びれたっていうのは謎が深い。

f:id:netsekai:20210903233809j:plain

 

映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』DEMON SLAYER THE MOVIE: MUGEN TRAIN 【評価】D 外崎春雄

(2020) 117min 030921

Netflixで視聴。

やはりみんな流行りモノには弱いな。

この内容で「千と千尋の神隠し」が持っていた興行収入1位を抜いて獲れたのか不思議な位。

めちゃくちゃ感動する訳でも、驚く仕掛けがある訳でも無い。

鬼滅シリーズファンじゃないと全然楽しめない展開。

正直、観なくても良かったレベル。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(完全生産限定版) [DVD]

 

オリジナルビデオ『さようなら全てのエヴァンゲリオン ~庵野秀明の1214日~』NHK

最後のエヴァ作品に挑む庵野監督を約4年追ったドキュメンタリー。

庵野監督が求めるものは、本人もだけど他人が具現化するのはかなり難しい。

自分はアニメには答えが無いと思っているので庵野監督の下で働くのは絶対無理だなぁと感じた。

その答えが無いから想像力が働いて作品は面白いんだけども。

さようなら全てのエヴァンゲリオン ~庵野秀明の1214日~ 後編

 

オリジナルビデオ『庵野秀明+松本人志 対談』YD Creation

これは稀に見るキャスティング事故。

庵野監督と松本人志監督両方映画やってるから合うだろう的な考えがあったのかもしれない。

だが、この二人は最初からあんまり嚙み合わない。

松本人志はお笑いに興味ない人に対してはかなりの無力だという事が露呈してしまっている。それでいてかなり気を使っているのが見て取れるので心苦しい。

また、庵野監督は話すときに松本人志ではなく、画面外の第三者に向かって(対して)話してしまっているので松本人志が傍観者になってしまって悲しい構図になってる所が多々。

お笑いの神とオタクの神、全然対談になってないよ。

対談前編

対談後編

 

ドラマ『NHKスペシャル シリーズ 最強ウイルス ドラマ 感染爆発~パンデミック・フルー』NHKエンタープライズ

(2007) 89min 280821

10年以上前にワクチンが無い未知のウイルスについてのドラマを日本が作っていた。

クラスター、空気感染に関しての無知、アメリカCDC、ワクチンの作成、死亡率の高さ、オンラインでの映像通信、空港でのウイルス検査、非常事態宣言発令、重症者急増による病床のひっ迫、肺が白くなる症状、営業自粛、妊婦感染者への人工呼吸器優先等々、現在世界で起きているコロナウイルス騒動を先取りしていた。

演技はちょっとドラマチックで不自然だが、内容に関してはよくここまで現実的に描いていたなと思う。

特に老人の既存入院冠者が感染者の為に自主退院する構成はよく出来ている。

NHKスペシャル シリーズ 最強ウイルス ドラマ 感染爆発~パンデミック・フルー [DVD]

 

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』【評価】C 庵野秀明

(2020) 155min 200821

庵野秀明監督のやりたい事を全て出し切った作品かな。

ゲンドウやシンジ君には庵野の幼少期の体験が反映されてそう。

次にドキュメンタリー見て答え合わせしたい。

時間軸、場所、精神世界、色々な事象が混ざり合った一つの芸術を感じる。

初見の人は最初から完全に排除した構成。

シリーズを通して見ていないと様々な事がわからない。

ただ、見ていても完全に理解するのは不可能。

宗教や哲学、倫理が複雑に絡み合っている。

今作のアクションシーンは圧倒的数量と回転しながらの戦闘、縦軸と横軸の移動が目立った。

技術的に色々と試したかったし、可能になったんだろうな。

単純に面白いとは言えないエンタメ作。

所々、自然に涙が出てくる箇所もあった。

ラストの実写はそう来たかって感じ。

 

シン・エヴァンゲリオン劇場版