マンガ『BLACK‐BOX 1』高橋ツトム 著 講談社

ワケアリの家族を持つ天才ボクサーの話。 ぶっきらぼうだが、魅力がある主人公。 セコンドの姉ちゃんも良い味出してる。

記事を読む

マンガ『王様達のヴァイキング 1-12』さだやす 画 深見真 作 小学館

超凄腕のクラッカーを一流のハッカーとして投資家が内面を変えていく話。 現実のコンピューター犯罪をふんだんに利用して話が進むので、ぶっ飛んでは

記事を読む

マンガ『ライジングサン 1-12』藤原 さとし 著 双葉社

著者の自衛隊経験が反映されているから、細かい所まで独特の自衛隊の作法等を知れて面白い。 意外と長期連載になっているのも納得のストーリー。

記事を読む

マンガ『ぼく、オタリーマン 1-6』よしたに 著 中経出版

サラリーマン(SE)という本業とその生活をネタにマンガを描くという二足のワラジで完成させた作品。 自分も同じ業界で働いていたのであの激務でマ

記事を読む

マンガ『DELETE 1』川上真司 作 永田諒 画 講談社

ガンツの亜種設定と言っても良いかも知れない。 特定の受刑者を集めて、傭兵との殺し合い。 今となってはよくある設定ネタ。

記事を読む

マンガ『村上海賊の娘 1』和田竜 作 吉田史朗 画 小学館

正直ストーリーはあまり面白いと感じなかった。 だけど史実に基いているとの事なのでこの土地に起因する歴史が知れて興味深いマンガ。

記事を読む

マンガ『仁義 零 1-11』立原あゆみ 著 秋田書店

今回のシリーズは猿(アキラ)が準メイン。 前作はあまり出てこなかった仁とギロウの出番が多くなり本筋に戻った感じで良い。 特に仁が黄門様スタイ

記事を読む

マンガ『あれよ星屑 1-4』山田 参助 著 KADOKAWA/エンターブレイン

終戦直後の話。 生き残りの元日本兵が話の中心となっていて、そこから色んな人間関係が展開される。 中高年の琴線に響きそうなタッチとドラマ。 た

記事を読む

マンガ『ヘルプマン!! 介護蘇生編 1』くさか里樹 著 朝日新聞出版

介護に対して実直に生きる男が色んなお年寄りを助ける介護マンガ。 こういう人がいたらすごいけど、ボランティア精神だけでしかやっていけないよなぁ

記事を読む

マンガ『響 〜小説家になる方法〜 1-6』柳本 光晴 著 小学館

期待せずに読み始めたら非常に面白かったパターン。 バクマンの小説版とも言える。 若干15歳で小説家の才能が認められ、色んな賞を勝ち取っていく

記事を読む

広告
1 2 3 4 161