PC『Alien Rage – Unlimited』CI Games

どこを進んでも同じような場所と敵が出てくるので確実に飽きる。 撃ちまくるだけのゲーム。 マルチプレーは人がいない。

記事を読む

マンガ『ザ・ファブル 1』南勝久 著 講談社

B級マンガかなーと思って読み始めたら意外としっかりした殺し屋ストーリーだった。 主人公の腕前はすごいのは勿論だが、どこか抜けたところがあるの

記事を読む

本『読むバンコク: 『歩くバンコク副読本』』下川裕治 著 メディアポルタ

バンコクの主要な土地の名前の由来や元々どんな土地だったかが書かれている。 著者の下川氏は短いスパンで本をよく出していて多作だと思っていたが、

記事を読む

マンガ『宇宙兄弟 1-30』小山宙哉 著 講談社

子供の頃から兄弟の共通の夢だった宇宙飛行士になるという事を兄弟で成し遂げる話。 お世話になったシャロン博士の病気(ALS)が進行していく様は

記事を読む

マンガ『僕はコーヒーがのめない 1』福田幸江 作 吉城モカ 画 川島良彰(コーヒーハンター) 小学館

コーヒーという題材を会社と天才で噛み砕いている作品。 主人公の立ち振舞やコーヒーの知識で周りを納得させていく過程が面白かった。 続きも読みた

記事を読む

マンガ『新装版 BLAME! 1』弐瓶勉 著 講談社

読者への状況説明をほとんどしないで読み進めるうちに自分で理解しろというスタイルの作品(だと思う)。 主人公は何を目的にしているのか、何をすれ

記事を読む

マンガ『町田くんの世界 1』安藤ゆき 著 集英社

周りの人間を自分の意思ではなく自然にハッピーにさせる主人公の話。 こういう精神世界のファンタジーはザ少女漫画って感じがする。 少し偏見かもし

記事を読む

マンガ『マルドゥック・スクランブル 1』冲方丁 作 大今良時 画 講談社

ちょっと背景説明が省かれすぎてる感じで内容がよく入ってこなかった。 合わなかったという事なのだろう。

記事を読む

マンガ『西遊妖猿伝 西域篇』諸星大二郎 著 講談社

古典的名作「西遊記」を独自のアレンジを加えて描かれた作品。 これはこれで成立しているし、面白さも感じた。 個々のキャラがしっかり確立されてい

記事を読む

本『野球のプレーに、「偶然」はない ~テレビ中継・球場での観戦を楽しむ29の視点~』工藤 公康 著 カンゼン

工藤現ソフトバンク監督が監督になる前に書いた本。 彼がどんな視点で野球を見ているかがよく分かる。 またそれは観客にとっても有益で新たな視点も

記事を読む

広告
1 2 3 4 152